トップページ > 立ち読み > Vol.8

立ち読み

J'sサッカー Vol.8 10月9日発売

これからがクライマックス!! 残りすべてが DEATH MATCH

これからがクライマックス!!
残りすべてが DEATH MATCH

あっという間に10月か!?
もうツベコベ言っても始まらねぇ
あらん限りの声をピッチにぶつけるだけだ
どんない泥臭くたって今のオレは勝ち点だけが欲しいんだよ


2007 J.LEAGUE YAMAZAKI NABISCO CUP CLIMAX MORE POWER

2007 J.LEAGUE YAMAZAKI NABISCO CUP
CLIMAX
MORE POWER

負けたら終わりの決勝トーナメント。敗北は、その場からの即時撤退を意味する。積み上げはない。これまでのどんな努力もドラマチックな奇跡も、0に戻る。「次がんばる」、「切り替える」は通用しない。退路はない。まさに生きるか死ぬかのデスマッチ。ここまでくれば、Jリーグの順位やチームの完成度など関係ない。どちらのチームがより飢えているか。もう、それしかない。ならば、まず俺たちから示してやろう。さあ、もうすぐ俺たちの仲間がゲートから出てくるぞ。腹から声を出す準備は出来ているか。その手で、その声で、その体で、彼らに、もっと力を。


Jリーグ終盤 CLIMAX アキラメタヤツハオレノマエカラサレ

Jリーグ終盤 CLIMAX
アキラメタヤツハオレノマエカラサレ

J1リーグ戦も残すところわずか6試合のみ。ここまでいろいろあった。すでに見えてしまっている結果もある。だが、Jリーグは最後のホイッスルが鳴るまで何が起きるか分からない!愛するクラブとともに残りの試合1つひとつを勝利するために、声が涸れるまで応援し続けるだけなんだ!

浦和レッズの負けられない6ポイントマッチ 威風堂堂 絶対王者へ

浦和レッズの負けられない6ポイントマッチ
威風堂堂 絶対王者へ

レッズが優勝に向け挑む3つの敵


ナビスコカップ・Jリーグ戦・天皇杯 出来るか?!4タイトル斬り

ナビスコカップ・Jリーグ戦・天皇杯
出来るか?!4タイトル斬り

今はすべてのメディアを真っ青に染めてやる!国内最高の4つのタイトルを俺たちの手に持たせてくれ!ここから先は絶対にひとつも負けられない!この声が聞こえているのか、ガンバ大阪よ!俺たちはもう失速するお前たちを見たくないんだ!


神奈川A・B・Cチームがキモ! 戦え新潟、やつらには負けるな!

神奈川A・B・Cチームがキモ!
戦え新潟、やつらには負けるな!

新潟がリーグ戦で上位を狙うには3つの大きな関門がある。4万人の後押しを受けて戦ったホーム、ビッグスワンで6-0の虐殺を喰らった横浜FM戦。さらにホームでの絶対的強さを持つ川崎。J1残留に死ぬ気で挑んでくる横浜FCを加えた残りの試合すべてのアウェー戦が「神奈川勢」との一戦になる。神奈川A・B・Cチームを下せれば優勝さえも見えてくる。


甲府よもっと輝け 俺たちたけし軍団 「大木監督と最後までがんばる」

甲府よもっと輝け
俺たちたけし軍団「大木監督と最後までがんばる」

去年も俺たちは苦しいながらに戦ってJ1に残った!今年はもっと苦しい位置にいるのはわかっている。でも、俺たちは決して諦めたりはしない。戦い続ける選手を信じて、残留争い真っただ中の甲府を指揮し続ける大木監督を信じて。だって俺たちは「たけし軍団」なんだから。甲府よもっと輝いてくれ!


Jリーグ最強守備を崩せんのか! ど演歌ディフェンスで柏は戦う!

Jリーグ最強守備を崩せんのか!
ど演歌ディフェンスで柏は戦う!

リーグ最少失点でここまでやってきた。ゴールを守る南雄太の後ろには俺たちがいる!最後まで絶対に応援を止めない柏スタイル。男っぷり爆発のこのゴール裏がある限り、ど演歌ディフェンスで柏は戦い続ける。さあ、お前ら柏の最強守備を崩せんのか!


FW-10 JUNINHO ・ MF-8 FRANCISMAR ・ MF-11 MAGNUM 川崎フロンターレの最終秘密兵器 出撃 ジェットストリームアタック

FW-10 JUNINHO ・ MF-8 FRANCISMAR ・ MF-11 MAGNUM
川崎フロンターレの最終秘密兵器
出撃 ジェットストリームアタック

ジュニーニョ&マギヌンのコンビに加わった、今季新加入の右サイドの攻撃的選手フランシスマール。日本人選手では到底追いつけない圧倒的なスピードと攻撃力で、開幕からJを引っ掻き回してくれると川崎サポーターは期待した。しかし・・・・・・・・・・。彼の復活でついに夢のフォーメーションが実現。川崎の最終秘密兵器となったジェットストリームアタックが出撃する。


サポーターの思い  ― 再び黄金期へ ― 「ジュビロ磐田の美学」

サポーターの思い  ― 再び黄金期へ ―
「ジュビロ磐田の美学」

J参入14年目のジュビロ磐田が、どこよりも早く通算900ゴールを達成。サッカー王国静岡の王者として、数々のタイトルを手にし磐田黄金期を築き上げた。しかし、近年はタイトル争いに絡めず冬の時代に。選手の世代交代も進み、昨年からアジウソン新体制で新時代作りに励み、サポーターもそれに応えてきた。が、突然の監督交代劇。黄金期を彷彿とさせる陣営で戦うことになった磐田に、サポーターはどう応えていけばよいのか・・・・・・。


平山相太はこんなもんじゃないだろ 現状を打破せよ!

平山相太はこんなもんじゃないだろ
現状を打破せよ!

俺たちはお前がどれほど凄いかを知っている。ここに集まるすべてのサポーターが見たいものがある。それは、お前のゴールなんだ!お前のゴールに喜び、お前と一緒に駆け上がりたい。平山相太よ、本当のお前を俺たちに見せてくれ!


サポーター驚愕の監督交代劇で何が変わるのか?

サポーター驚愕の監督交代劇で何が変わるのか?

2007年J1の舞台へとやってきた横浜FC。選手を、高木監督を信じてここまでやってきたサポーター。J1の厳しい洗礼を受けながらも戦い続けてきた。降格の2文字が脳裏に過りはじめた頃、サポーターは高木横浜FCについていく決意をした。しかし、高木監督の解任、新監督の登場、フォーメーションの変更、サポーターの思いは・・・・・。どこで戦うにせよ、横浜FCはどうなっていくのだろうか。


RENEWAL 相馬直樹 Eyes on  Jで見たこと、感じたこと 第8回 山瀬功治選手(横浜FM)と対談 大怪我からカムバックした、J随一の「仕掛ける」プレーができる選手が君だ!

RENEWAL
相馬直樹 Eyes on Jで見たこと、感じたこと
第8回 山瀬功治選手(横浜FM)と対談
大怪我からカムバックした、J随一の「仕掛ける」プレーができる選手が君だ!

日本屈指の左サイドとして活躍した相馬直樹氏が、その目で見たこと、感じたことを語る当連載が今回リニューアル。相馬氏自身がぜひとも話しをしてみたいという選手や監督・コーチ、クラブスタッフ、その他のサッカー界の様々な人たちとの対談スタイルとなりました。今回の対談相手は、好調横浜FMの中心プレーヤーとして活躍し、日本代表にも選出された山瀬功治選手。相馬氏自身もケガで悩んだ経験があるだけに、非常に興味深い対談となりました。


ネットアイドルを目指して、日々、自身のブログを書き綴る新人編集の“栗山癖子(ヘキコ)”がナビゲート!? Jリーグ はじめての観戦Q&A

ネットアイドルを目指して、日々、自身のブログを書き綴る新人編集の“栗山癖子(ヘキコ)”がナビゲート!?
Jリーグ はじめての観戦Q&A

Jリーグもいよいよ大詰め!!優勝争い、残留争い、そしてJ1昇格争いと息つく暇もないほどに熱気が上昇しています!でも、ちょっと待てよ?あれ、そういえば?普段何気なく観ているJリーグですが、そういえば気になるあんなことこんなことありませんか?そんな「そういえばこれって何?」という疑問を解消しちゃいましょう!


ビンビン痺れたいアナタに贈る はじめてのスタジアム 県立カシマサッカースタジアムの巻 9/1 Jリーグ ディビジョン1 第24節 鹿島アントラーズvs川崎フロンターレ

ビンビン痺れたいアナタに贈る はじめてのスタジアム
県立カシマサッカースタジアムの巻
9/1 Jリーグ ディビジョン1 第24節 
鹿島アントラーズ vs 川崎フロンターレ

アウェーサポーターからも「あそこはいい」と言われているのが県立カシマサッカースタジアム。なにが、ではなく、すべてがサッカーのためにあるという、まさにここは聖地なのだ。


浦和サポーター密着リポート 食った、歌った、韓国満喫!!どうだまいったか 浦和アジアジャック

浦和サポーター密着リポート
食った、歌った、韓国満喫!!どうだまいったか
浦和アジアジャック

“赤き血のイレブン”、“We are Diamonds”が全州W杯スタジアムに響き渡る!!」


どんな試合でもお祭りにしちゃうサポーター 柏の龍に本誌カメラマンが喰われる!!

どんな試合でもお祭りにしちゃうサポーター
柏の龍に本誌カメラマンが喰われる!!

「うわぁ〜!!助けてくれ〜!!!!」そんなカメラマンの声を聞いたような聞いてないような・・・・・。なにはともあれ、うちのカメラマンが喰われました、柏の龍に。―― とまぁ大げさに言ってみましたが、一つだけ事実があります。日立台に龍現れる!!ほぼ毎試合にわたり、柏サポーターは“サプライズ”を与えてくれている。それもすべてはクラブのため。楽しい日立台をとくとご覧あれ。J’sサッカーって・・・・・何雑誌だっけ?


首相!これが本当の所信表明演説だ! ローソンクルー300人が、4万人の新潟サポに熱く語りかけた

首相!これが本当の所信表明演説だ!
ローソンクルー300人が、4万人の新潟サポに熱く語りかけた

スポンサーがサポーター!?待ちに待ったローソンサンクスデー
「新潟代表チーム」。そう表現するのがしっくりくるアルビレックス新潟だが、新潟県民のアルビに対する想いを改めて再確認することが出来るイベントがある。“ローソンサンクスデー”だ。毎年、アルビレックス新潟では・・・・・。


ひとつのマークに込められたサポーターの思いとは・・・・・・ ♂になれ!甲府!!

ひとつのマークに込められたサポーターの思いとは・・・・・・
♂になれ!甲府!!

ホーム小瀬はもちろん、アウェー会場にも登場する巨大なダンマクがある。他サポーターだけではなく、ホームのサポーターからもあれはいったいなんだ?と言われている♂マークのダンマクの正体、それはJリーグ開始以前から、つねに危機感を持って闘ってきた選手と、それを支え続けてきたサポーターの想いが詰まった、とても重いものだったのだ。


ハテナ ダンマクを解読せよ!

ハテナ ダンマクを解読せよ!

自分のチーム相手のチームに関係なく、一つくらいは「あのダンマクって何だ?」と思ったことがあるはず。ここでは、そんなダンマクを一挙紹介。作成者やクラブスタッフなどに直接、ダンマクについてたずねてみた。世界で一つのダンマクカタログです。


信じる信じないはあなた次第!! J2には様々な言い伝えがある・・・・・・ J2にまつわる都市伝説

信じる信じないはあなた次第!!
J2には様々な言い伝えがある・・・・・・
J2にまつわる都市伝説

なぜか起きてしまう怪奇現象のような法則。って身の周りにけっこうありませんか?実はJリーグにもたくさんあるんです。この都市伝説は本物です・・・・・・。


特別座談会 オレたちがナデシコをサポする理由

特別座談会
オレたちがナデシコをサポする理由

近年、なでしこ日本代表を中心に女子サッカーは目覚しい活躍を見せている。しかし、残念なことに、人気や環境面で女子サッカーが恵まれた環境にいるとはまだまだ言えないのが現状だ。それでもスタジアムに行けば、なでしこリーグを熱く支えるサポーターに数多く出会うことができる。彼らが、男子ではなくなでしこをサポートする理由や魅力を語った。


Roots... 選ばれし者たちの系譜  第8回 FC東京 首都を代表する強豪サッカー部は今、夢と感動と一体感を日本中へと伝えていく

Roots... 選ばれし者たちの系譜  
第8回 FC東京
首都を代表する強豪サッカー部は今、夢と感動と一体感を日本中へと伝えていく

福利厚生の一環であった一企業のサッカー部のJまでの道のり。選手たちの思いが会社の方向性までも変えて見せ、とどまることのない勢いで、ようやくのぼりつめた檜舞台。だが、常に右肩上がりで伸びてきたクラブは次のステップを見据えている。


心に残るあの一戦 J1昇格物語が完結した、「アイシテルニイガタ」その言葉とともに

心に残るあの一戦
J1昇格物語が完結した、「アイシテルニイガタ」その言葉とともに

2003年J2リーグ戦 第44節最終戦 アルビレックス新潟vs大宮アルディージャ
数多くのサポーターの期待もむなしく、01年、02年とJ1昇格の夢を逃した新潟。だが3度目の正直を狙った03年、過去最高の観衆の前で、ついにその時は訪れた。