トップページ > 立ち読み > Vol.4

立ち読み

J'sサッカー Vol.4 6月12日発売

俺達にはこいつがいる!! サポの声援に奮起する 我がクラブの成長頭

俺達にはこいつがいる!!
サポの声援に奮起する
我がクラブの成長頭

愛する我がクラブの勝利のために、サポーターが一番熱い大声援を送っている選手がいる。それが、近年圧倒的な進化を遂げ、サポーターの声とともに戦う「成長頭」の選手達だ。彼等の活躍によってクラブの勝敗が左右されるといっても決して大げさではない。各クラブ1名ずつ、注目の成長頭といえる選手をぽっじション別に紹介していこう。


インタビュー 覚醒までの軌跡 柏レイソル 菅沼 実

インタビュー
覚醒までの軌跡 柏レイソル 菅沼 実

ここ数年は、J1残留争いの常連であった柏レイソル。昨季はJ2に降格し、苦しい戦いを強いられた。だが、1年でのJ1復帰を果たし、今季は上位をキープ。ガンバ大阪、浦和レッズら上昇軍団の背中にピタリとついて、追い抜くときをいまかいまかと狙っている。その要因のひとつには、一人のFWの成長があげられる。菅沼 実、22歳。あるひとりのFWの成長の歩みを紹介する。


インタビュー 成長するなら覇道を行け 浦和レッズ 田中マルクス闘莉王

インタビュー
成長するなら覇道を行け
浦和レッズ 田中マルクス闘莉王

「闘う男」という代名詞がもっとも似合う選手といえば、間違いなく浦和レッズの田中マルクス闘莉王だろう。日本サッカー界では指折りのDF。しかし、いまでこそ確固たる地位を得る闘莉王だが、歩んできた道は、起伏に富んだものだった。

信念は、たくましく個性的な選手育成 ガンバ大阪の下部組織から見る、プロ選手育成システム

信念は、たくましく個性的な選手育成
ガンバ大阪の下部組織から見る、プロ選手育成システム

Jリーグを見渡して、各チームの下部組織出身選手、つまり生え抜き率を算出したら、間違いなくガンバ大阪のパーセンテージは高いものとなるだろう。それが、毎年のことというから、いかにガンバ大阪の下部組織が充実しているかがうかがえる。まさにJリーグが狙いとする下部組織の成功モデルであろう。そのガンバ大阪の下部組織のシステムをもとに、選手達がどのように成長していくのかを紹介する。


これから、どう戦う?! J2 第1クール総まくり!戦力見直し徹底分析

これから、どう戦う?!
J2 第1クール総まくり!戦力見直し徹底分析

開幕から激戦が続いていたが、気が付けば第1クールがあっという間に終了!ひととおり各チームと対戦して、それぞれの戦力がはっきりしてきた。第2クール以降どう戦っていくのか、これまでの戦力を見直して再分析してみよう!!


“Frode JOHNSEN“ 名古屋の助っ人「ヨンセン」について知りたい!! 実は最優良外国籍選手!?味方も敵も気になるその素顔

“Frode JOHNSEN“ 名古屋の助っ人「ヨンセン」について知りたい!!
実は最優良外国籍選手!?味方も敵も気になるその素顔

今シーズンも数多くの外国籍選手が活躍している。その中でもかなり評価が高いのが、名古屋のヨンセン。現役のノルウェー代表選手であるが、その実、日本での認知度はまだまだといえる。名古屋サポにとっては力強い味方であり、相手チームにとっては非常にやっかいな選手。どちらにしても、非常に気になる選手であることは間違いない。


松田直樹の居場所探し

松田直樹の居場所探し

横浜FMのメンバーを見ると、何かが足りない気がする。チームの顔として、長年チームメイト、サポーターに愛された松田直樹がいない。もちろん、今現在のメンバーこそが、今のF・マリノスだということは十分理解している。だが、一抹の寂しさを憶えるのもまた事実。スタンドでは今もあちこちで見かけるF・マリノスの不動の3番。松田直樹の『今』が気になる。


決勝トーナメント進出チーム決定!! 2007ヤマザキナビスコカップ グループリーグ総チェック 〜担当ライターが語る、各チームグループリーグ総決算〜

決勝トーナメント進出チーム決定!!
2007ヤマザキナビスコカップ グループリーグ総チェック
〜担当ライターが語る、各チームグループリーグ総決算〜

5月下旬にグループリーグ全日程が終わり、準々決勝進出チームが決まったヤマザキナビスコカップ。3連覇を狙った千葉が敗退し、グループ4チームがすべて同勝ち点という激戦区もあったなど、見どころの多い予選リーグとなった。それぞれのチームがいったいどう戦ったか?常にチームを追いかける各担当ライターに振り返ってもらった。


相馬直樹 Eyes on Jで見たこと、感じたこと 第4回 横浜F・マリノス対名古屋グランパスエイト リポート 横浜FM強烈プレスを打破。だが、まだまだ課題の残りそうな名古屋

相馬直樹 Eyes on Jで見たこと、感じたこと
第4回 横浜F・マリノス対名古屋グランパスエイト リポート
横浜FM強烈プレスを打破。だが、まだまだ課題の残りそうな名古屋

日本屈指の左サイドとして活躍した相馬直樹氏が、その目で感じたことを語る当連載。第4回は、5月12日に行われた第11節の横浜F・マリノス対名古屋グランパスエイトをリポート。全戦からの圧倒的なプレッシングで、勝利を重ねていた横浜FMに対し、開幕当初の勢いが薄れてしまった名古屋。だが、勝敗は前評判とは逆の結果に。果たして名古屋はいかにして勝ちを掴み取ったのか?


Roots... 選ばれし者たちの系譜 第4回 ヴァンフォーレ甲府 市民と選手とスタッフと、全員が手を携え進む市民クラブ

Roots... 選ばれし者たちの系譜
第4回 ヴァンフォーレ甲府
市民と選手とスタッフと、全員が手を携え進む市民クラブ

市民クラブとして、企業チームの古豪と互角に戦った歴史もある。しかし、成績が低迷し、文字通りクラブ存続の危機も経験した。市民クラブとしての長い歴史の中で息づくもの、それは「それぞれができること」をやりぬく勇気だ。


Young@team 次世代プレーヤー紹介 Young 大谷秀和&小林祐三  team 柏レイソル チームの好調を支える、ポリバレントな二人

Young@team 次世代プレーヤー紹介
Young 大谷秀和&小林祐三 team 柏レイソル
チームの好調を支える、ポリバレントな二人

週末のホームゲームでは、熱狂的なサポーターで埋め尽くされるスタンドも、今日は見学に訪れた十数人のサポーターしかいない。「いつもここで練習できたら最高だね。隣に大きいスタジアム作ってさ」と、柏レイソル・石崎監督も笑顔だ。スタジアムの隣にある練習場が芝生の養生中のためその日の練習は日立柏サッカー場で行われた。


ビンビン痺れたいアナタに贈る! はじめてのスタジアム 「東北電力ビッグスワンスタジアム」の巻 5/19 Jリーグディビジョン1 第12節 アルビレックス新潟 vs 鹿島アントラーズ

ビンビン痺れたいアナタに贈る!
はじめてのスタジアム
「東北電力ビッグスワンスタジアム」の巻
5/19 Jリーグディビジョン1 第12節 アルビレックス新潟 vs 鹿島アントラーズる

他チームサポーターにも大人気なのが、東北電力ビッグスワンスタジアム。4万人のサポーターによって勇気づけられた選手たちの速さはアウェーゲームの3倍。シャア専用レベルなのだ。


矢野貴章が新潟に愛されるわけ オメ・キメレ・キショー!!

梅雨突入!!
雨の日だって、元気に応援しちゃうぞ!!
サポのための雨の日観戦マニュアル

今年もそろそろ梅雨の季節となってきた。Jリーグ観戦に行って、雨をまったく気にしないで済むのは、札幌ドームかホームズズタジアム神戸、九石ドームぐらい。「雨なんか全然関係ナイ!!」という熱血サポ以外は、やっぱりちょっと考えたほうが快適にできるはず。では、どうすればいいのか?J’sサッカーもちょっと考えてみました。


GEAR BRAND HISTORY フットボールの歴史とともに、歩み続けるイングランドの老舗 “UMBRO”

GEAR BRAND HISTORY
フットボールの歴史とともに、歩み続けるイングランドの老舗 “UMBRO”

「ユニフォームサプライヤー」。Jリーグの世界でブランドはこう呼ばれている。チームを常に一番近いところでサポートしているブランド。そのすべてのブランド名は、人々に認識されているであろう。ブランドひとつひとつには、忘れてはならない過去がある。人気スポーツとして確立されたサッカーの中のJリーグをサポートし続けるブランドの歴史。それは、Jリーグを知るに等しいことなのではないだろうか。


キーマンインタビュー  湘南ベルマーレ 坂本紘司  ボランチというポジションに出会えて良かった

キーマンインタビュー 
湘南ベルマーレ 坂本紘司 
ボランチというポジションに出会えて良かった

ハードワークをベースに堅い守備を築き、順調に勝ち点を重ねる湘南ベルマーレ。その中心には、開幕前に獲得したジャーンでもなく斉藤俊秀でもなく、坂本紘司がいた。かつてFWとして名を馳せた坂本が、今季よりボランチという新天地で一層の輝きを放つ。その存在感の裏側にあるものとはなんだろうか。


開幕11戦連続負けなしの裏にあったもの 堅調!仙台は第2クールも突っ走れるのか?!

開幕11戦連続負けなしの裏にあったもの
堅調!仙台は第2クールも突っ走れるのか?!

開幕戦で白星を飾ってから、無敗街道を走り続けた仙台。J2で勝ち点を積み重ねることの大事さと難しさ。そのことをどのクラブよりも知っているからこそ、第1クールのこの結果はサポーターの期待感を煽る。第2クール以降、この調子を維持できるのか否か・・・・・。期待と不安はますます高まっていくばかり。


サポーターたちの生声 「ブルイズ」が響き渡る!選手とサポが一体になる瞬間

サポーターたちの生声
「ブルイズ」が響き渡る!選手とサポが一体になる瞬間

サポーターの応援こそ、チームを奮い立たせるイチバンの特効薬。各クラブとも熱狂的なサポの力があってこそ、長いシーズンを戦い続けることができる。今回は、山形サポにスポットをあててみた。クラブごとに違う応援スタイルをみるのも、サッカーの楽しさのひとつなのだ・・・・・。


Jリーグをもっと楽しむためのアミューズメントガイド J’s的 Soccer Amusement  第4回 マッチデープログラム編

Jリーグをもっと楽しむためのアミューズメントガイド
J’s的 Soccer Amusement 
第4回 マッチデープログラム編

〜スタジアムに行かなくたって、試合のある日じゃなくたって、Jリーグはもっと楽しめる!〜
マッチデープログラムは、その名の通り、試合の日にホームクラブから発行される雑誌だ。試合の見どころや前節のレビュー、スタジアムでのイベント情報などが掲載されている。これから始まる魅惑の90分へ向けて徐々に興奮度を高めてくれるツールとして、世界中のスタジアムでサポーターたちに親しまれている。


Jリーグ開幕 15シーズン記念特別企画 第2回 Jリーグファンタジスタ列伝

Jリーグ開幕 15シーズン記念特別企画 第2回
Jリーグファンタジスタ列伝

NAKATA Hidetoshi/NAKAMURA Shunsuke/ZICO/KIMURA Kazushi/LEONARDO Nascimento de Araujo/RAMOS Ruy/Dragan STOJKOVIC/MAEZONO Masakiyo/David BISCONTI/Piere LITTBARSKI/ASOGAI Hiromitsu/Uwe BEIN/IWAMOTO Teruo/BISMARK Barreto Faria/Nenad MASLOVAR/SAWANOBORI Masaaki/MATSUI Daisuke/OGASAWARA Mitsuo/MIZUNUMA Takashi/Zinho/JORGINHO/YAMADA Takahiro/CARLOS Eduardo Marangon/FUKUNAGA Yasushi/Ivan Hasek/ISHIDUKA Keiji/JORGINHO/MASUDA Tadatoshi/KELLY/ABE Toshiyuki/Toninho/Park Ji-sung/SANTOS Alessandro/NANAMI Hiroshi/ONO Shinji/YAMASE Kouji/NAKAMURA Kengo/FUJITA Toshiya/MORISHIMA Hiroaki/ENDO Yasuhito/FUJIMOTO Jungo/FUTAGAWA Takahito


特別付録 adidas製 PREDATOR [宮本恒靖、カカ] vs F50[中村俊輔、メッシ] ステッカー

特別付録 adidas製
PREDATOR [宮本恒靖、カカ] vs F50[中村俊輔、メッシ] ステッカー