トップページ > 立ち読み > Vol.12

立ち読み

J'sサッカー Vol.12 2月12日発売

2008 100人(+4人) 100色のJリーグ

2008 100人(+4人) 100色のJリーグ


01 サポーター

01 サポーター

 


02 浦和レッズ 高原直泰

02 浦和レッズ 高原直泰

08年のJリーグ、いや、日本サッカー界を必ずや熱くする男がJリーグに戻ってきた。07年12月までドイツの1部リーグ・フランクフルトでプレーしていた高原直泰が、いまや“王者”という看板を高々と掲げる浦和レッズのひとりとして加わったのである・・・


03 名古屋グランパス ドラガン・ストイコビッチ 「私は常に勝者でいたい、過去も、そして現在もだ」

03 名古屋グランパス ドラガン・ストイコビッチ
「私は常に勝者でいたい、過去も、そして現在もだ」

1月21日午前10時過ぎ。中部国際空港の到着ロビーに妻、コーチ、そして新戦力となる選手の3人を引き連れて、彼は姿を現した・・・


日本代表Jリーガーの2008年

日本代表Jリーガーの2008年

日本代表としても活躍するJリーガーたちに、それぞれの2008年を聞いてみた。新天地への期待から、今シーズンの目標、代表での話まで、じっくりご覧あれ!!


12を背負って闘う人々 サポーター INTERVIEW FILE

12を背負って闘う人々
サポーター INTERVIEW FILE

 


34 ジェフユナイテッド千葉サポーター HALLELUJAH (ハレルヤ) 35 川崎フロンターレ サポーター 川崎華族 (かわさきかぞく) 激論!サポータークロストーク

34 ジェフユナイテッド千葉サポーター HALLELUJAH (ハレルヤ)
35 川崎フロンターレ サポーター 川崎華族 (かわさきかぞく)
激論!サポータークロストーク

スタジアムでは一番遠い場所で対峙する両チームサポーター。ライバルであり、敵であり、同士である彼らは、決して交わることがない。しかし、サッカーを応援するものとして、Jリーグを愛するものとして、通じるものは必ずあるのではないだろうか。


今年のJリーグは彼らが熱くする 今年、大きな決断を下した男とたち

今年のJリーグは彼らが熱くする
今年、大きな決断を下した男とたち

選手が移籍を決断するとき、そこには様々な思いが交錯する。自身のレベルアップのために移籍するもの、出場機会を求めて離れるもの。様々な理由があり、想いがある。共通していることは、彼らの新天地にかけるほとばしる想いだろう。住処を変える大きな決断を下した選手たちの想いが、今年のJリーグを熱くする。


クラブを見続けているサポーターだからこそわかる! 今年、目を離してはいけない選手リスト/J1 18チーム

クラブを見続けているサポーターだからこそわかる!
今年、目を離してはいけない選手リスト/J1 18チーム

年間何十試合もチームを見守り続けるサポーター。当然そこには、彼らしか知らない感情や物語が存在している。「移籍選手や代表選手に注目するのも良いけどさ、今年のウチではこいつが実は注目株なんだよ」とサポーターが密かに期待する選手は、どのクラブにも必ず一人はいるもの。各クラブのサポーターが密かに推す「そんな」選手たちを一挙紹介。


75 ベガルタ仙台 岡山一成 サポーターすらヤケドする熱いハートは仙台へ・・・・・・ 08年Jサポ大注目男に緊急独占インタビュー!!

75 ベガルタ仙台 岡山一成
サポーターすらヤケドする熱いハートは仙台へ・・・・・・
08年Jサポ大注目男に緊急独占インタビュー!!

 


J1サポーター 2007反省と2008抱負

J1サポーター
2007反省と2008抱負

各サポーター団体の主要メンバーは、昨シーズンをどう感じ、今シーズンをどう見据えているのか、聞いてみた。


これを読めば新指揮官のことがすべてわかる J’sサッカー注目のJリーグ新監督大図鑑

これを読めば新指揮官のことがすべてわかる
J’sサッカー注目のJリーグ新監督大図鑑

今季新たにJリーグの舞台に参戦する新人監督。中でもJ’sサッカーが注目したい日本人新人監督4人を紹介。Jリーグ史上最年少や、選手としてのプロ経験がない人までキャリアひとつとっても個性的な監督ばかり。これを見て、登場する監督が来季から披露するサッカーに思いを馳せよう。


完全保存版 J.LEAGUE 2008SEASON 年間カレンダー

完全保存版
J.LEAGUE 2008SEASON 年間カレンダー

 


ビンビン痺れたい、あなたに贈る はじめてのスタジアム 日産スタジアムの巻 11/24 Jリーグ ディビジョン1 第33節 横浜F・マリノス vs アルビレックス新潟

ビンビン痺れたい、あなたに贈る
はじめてのスタジアム 日産スタジアムの巻
11/24 Jリーグ ディビジョン1 第33節 横浜F・マリノス vs アルビレックス新潟

新幹線が停まる新横浜駅から徒歩圏内にある、収容人員7万人強という横浜F・マリノスのホーム、それが日産スタジアム。トリコロールの戦士たちは、ここから世界へと羽ばたくのだ。


Jリーグ合同トライアウト 2007/2008 だから、今日もボールを追いかける

Jリーグ合同トライアウト 2007/2008
だから、今日もボールを追いかける

1月15日、「2007/2008 Jリーグ合同トライアウト」の第2回が開催された。Jリーガーという夢の職業を失うかどうか。崖っぷちの舞台。会場に悲壮感や緊張感がないといえば嘘になる。しかし、そうしたものだけではない感情が選手たちから伝わってくるのもまた事実だった。07年11月30日に戦力外通告を受けてから、このトライアウトの会場に登場するまでには、様々な覚悟や思いがあったのだろう。会場には、「サッカーが好きだ」「サッカーがしたい」という気持ちが充満していた。


相馬直樹 Eyes on 〜Jで見たこと、感じたこと〜 [ 特別編 ] 07-08オフシーズンの移籍を振り返る

相馬直樹 Eyes on 〜Jで見たこと、感じたこと〜
[特別編]07-08オフシーズンの移籍を振り返る

日本屈指の左サイドとして活躍した相馬直樹氏がぜひとも話をしてみたいという選手や監督・コーチ、クラブスタッフ、その他サッカー界の様々な人たちと対談する当連載。今回の特別編として、J’sサッカー編集長の吉田と、07-08オフシーズンの移籍について語り合った。キャンプも始まり、移籍も一段落した今、このオフシーズンの移籍について、相馬氏はどう思ったのだろうか?


シーズンオフ企画 ユース教授・安藤隆人の、補強戦略リポート その3

シーズンオフ企画
ユース教授・安藤隆人の、補強戦略リポート 
その3

今からチェックしておきたい!ネクストJリーガーズファイル
高校からJを目指す今年の有望株はこの選手たち


Roots 選ばれし者たちの系譜 第12回 大宮アルディージャ

Roots 選ばれし者たちの系譜
第12回 大宮アルディージャ

07年11月11日。埼玉県さいたま市が巨額を投じて完成した壮大なスタジアムが誕生した。名称は“NACK5スタジアム大宮”。大宮アルディージャのホームスタジアムである。見事なスタジアムからは、大宮の着実な成長の歩みが見て取れる。元公営企業の電電公社サッカー部を原点にステップし、1999年にはJリーグ2部に、2005年にはJ1の舞台に。しかしながら近年は、残留争いと厳しい時期も経験する。J1入りから10年、ここまでの軌跡をひもとく。


J2インタビュー 初心に返った男たちのチャレンジ 「再挑戦者たち!」 スペイン仕込みの大器 徳島ヴォルティス 玉乃 淳 韓国史上最高の右サイド ザスパ草津 崔 成勇 湘南が2度愛した男 臼井幸平

J2インタビュー
初心に返った男たちのチャレンジ
「再挑戦者たち!」
スペイン仕込みの大器 徳島ヴォルティス 玉乃 淳
韓国史上最高の右サイド ザスパ草津 崔 成勇
湘南が2度愛した男 臼井幸平

Jリーグ開幕を前にして、今年も多くの選手たちが移籍や契約満了(戦力外)でチームを去ることとなった。その理由や状況は様々だが、共通しているのは、誰もが皆、新天地での活躍を誓い、黙々と練習に勤しんでいること。それぞれの想いを胸に、試合開始の笛をピッチで聞くことを思い描いて、開幕の日を待ち望んでいる。


FOCUS to JFL 最新のJFL TOPICS

FOCUS to JFL
最新のJFL TOPICS

今月は、1月13日に愛知県刈谷市にて行われた「JFL合同トライアウト」の模様をスペシャルフィーチャー。会場での選手たちの生コメントを交えて紹介する。


心に残るあの一戦 欲しかったのはJ1昇格しかなかったはず だがそれ以上のものをこの年川崎は見つけた 2003年 J2リーグ 第44節 最終戦 川崎フロンターレ VS サンフレッチェ広島

心に残るあの一戦
欲しかったのはJ1昇格しかなかったはず
だがそれ以上のものをこの年川崎は見つけた
2003年 J2リーグ 第44節 最終戦
川崎フロンターレ VS サンフレッチェ広島

石崎体制3年目で迎えたJ1昇格への大一番。首の皮一枚の状態で挑んだ川崎はこの試合で勝利。しかし、昇格には勝ち点1届かず、涙をのむことになる。だが、その悔しい想いとともに彼等は今につながる何かを手にした。


選手を支える女性達

選手を支える女性達

選手を文字通りサポートしている女性たち。女子サポーターはもちろんだが、今月は選手の身近な場所で支えている女性達を紹介。それぞれの立場でそんな風に選手を支えているのかご覧ください。


父と娘の風景 5

父と娘の風景 5

川崎のゴール裏は、J1で最も家庭的だ。子供たちの成長をお互いに喜び合う雰囲気がある。ともに笑いそして涙する。自分の子どもも、よその家の子どもも分け隔てがない。川崎のゴール裏は、ひとつの家族のようだ。


LOCAL STYLE 第1回 地域、都道府県リーグを応援しよう!

LOCAL STYLE 第1回
地域、都道府県リーグを応援しよう!

サッカーの母国イングランドでは、3部でも4部でも当たり前のようにサポーターが存在する。「オラが街のクラブ」のために、多くの人がスタジアムに通う。やはり、わが町のクラブへの愛情というのは特別なものだ。そこにはカテゴリーなんて関係ない。最近、日本でも地域リーグや都道府県リーグに「オラが街のクラブを支える」サポーターが現れている。Jリーグ開幕16年目を迎え、いよいよローカルな闘いが盛り上がり始めている。


部屋とJと私

部屋とJと私

第二の間 ジュビロ磐田サポーター 磐田ジュビロさんのお部屋
ヤマハスタジアムから1.5kmの距離に存在する水色の家。玄関を開けると、水色の玄関マット、正面には中山選手のサイン入りポスターとジュビロのポスター。家中、いや家の外までもがジュビロ一色の・・・・・