トップページ > サポーター観戦記&編集部自腹観戦記 > Jリーグ Division1 第31節 柏レイソル vs 横浜FC

Jリーグ Division1 第31節 
2007年11月10日 16:04キックオフ 横浜FC対柏レイソル@柏の葉

横浜FCにとって初めてのJ1もひとまずはあと4試合。

今日は去年のJ2昇格同期で大きく水を開けられた柏と、弱い雨の中柏の葉で戦い、1-1で引き分け。いいペースで試合の主導権を握り、先制されたものの終盤根占の2試合連続ゴールで同点に追いつきました。勝てなかったもののあきらめなかった試合内容にゴール裏からは拍手が送られました。

Jリーグ Division1 第31節 柏レイソル vs 横浜FC

横浜は天皇杯大宮戦で機能したメンバーで変則4-3-3を継続。カズがワントップに入りカタタウが右サイドで高めに張り、左サイドは三浦淳が1.5列目的な位置で張ります。

昭和的な応援で知られる柏レイソルですが、運営側も試合開始前の選手紹介はウルトラ警備隊のテーマに載せて。なつかしーと思いつつキックオフ。


試合は序盤から横浜が右サイドのカタタウ、右の攻撃的MFに入った根占のコンビネーションを中心にペースを握ります。5分にはこの2人に気を取られたディフェンスの間隙を突いて右SB山田がするするとドリブル突破してクロス。これをカズより手前で相手がハンドリング、しかしこれはカズがオフサイド。

19分にはカタタウが右サイドの突破からCKゲット。このCKのこぼれをカズがシュートも左へ外れます。惜しい。

さらに22分には右サイドをカタタウが抜けてDFと入れ替わるところ倒されてFKゲット。これは三浦淳が直接狙い、カタタウの背中でコースが変わるも柏GK・南がナイスセーブ。

さらにさらに26分には2回連続でカズ、左の攻撃的MF・滝沢がシュートチャンスを得ますが、ここではパスを選択。シュートで終わりたいところでした。しかし横浜は中盤でボールが回るいい展開です。

カズはさらに35分相手のミスから右に展開しシュート、44分ロングボールを受けてヘッドで右のカタタウへすらし、カタタウが中へ切り込むいいプレー。横浜が主導権を握った前半でしたが、シュートで終わりたい場面が多かったですね。

後半もいい感じで進めたい横浜。左SB中島が積極的な上がりを何度も見せたり左サイドでのディフェンスでも何度もいいプレーを見せてくれています。9分にはいいキープからチェンジサイドのパス。このプレーがカタタウのシュートを導きました。

14分には、これまでセットプレー以外ではあまり目立たなかった三浦淳が自らのインターセプトからドリブルで持ち込み、一気にシュートに持ち込みます。押し気味に試合を進めた横浜でしたが、柏は25分左MFの平山からFW北嶋に交代し2トップに変更。その北嶋に決められてしまいます。

キリンチャレンジカップ2007 ―FIFA女子ワールドカップに向けての壮行試合― なでしこジャパンvsブラジル女子代表 2007年9月2日 16:00キックオフ@フクダ電子アリーナ

30分中島の今日唯一といっていいミスからクロスを挙げらFW李がすらしたボールをファーで北嶋に決められて先制されてしまいます。このままズルズル行ってしまいかねない痛い失点です。いいプレーを続けてたので余計に残念でした。


しかし今日の横浜はサポも選手もベンチもあきらめません。32分、今日とても良かったカタタウから西山に交代。36分にはカズから薮田へFWを交代。そして38分西山が左サイドでいい動きからCKを得ると、その流れからアツのクロスを根占が頭で決めて同点!

その後は勝ち点3を求め両チーム活発に動きますが、そのまま終了。横浜はガンバ戦以来の勝ち点を得ます。
最後まで試合をあきらめなかった選手たちには拍手が送られました。

4-3-3、ゴール裏から見てても機能していたと思います。

Photo&Report by T.S