トップページ > WEB編集部 > 最近のサッカー用語

最近のサッカー用語

最近、また新しいサッカー用語が出てきましたね。特に、代表監督が変わると多くの言葉が出てくるような気がするのですが・・・。ジーコさんの時は、アジリティとかフリーランとか。オシムさんになるとポリバレント、コレクティブサッカーなどが有名に。あ、そうそう「考えて走る」も最近のサッカー用語かもね。
ほんの少しだけですが、集めて紹介してみました。

あ行

アーリークロス
攻撃時(カウンターなど)に、ミドルサードのサイドよりから、ディフェンダーとキーパーの間などに出すパス。早めにクロスを送ること。
アウェーゴール制
ホーム&アウェーで戦うリーグ戦などで多く採用されるルール。アウェーでの得点は2倍に換算され、アウェー戦で2-1で負けても2-2と換算されるため、その価値は大きい。

アジリティ Agility
俊敏性や瞬発力などの意味。ディフェンスにおいてもオフェンスにおいても、反応や(フェイントを含む)方向変化など、すばやい動きをこなす能力のことを指す。すばしっこさ。日本人が身に着けているといわれる武器のひとつ。
オープンスペース
開いたスペースのこと。ディフェンダーをひきつけてできたスペースや、サイド攻撃を仕掛けたときの、逆サイドの大きなスペースなどをオープンスペースと呼ぶ。
オフザピッチ
ピッチとはサッカーを行うフィールドのこと。グラウンドとは言わない。そのオフだから、ピッチ外での普段の生活の事を指す。オフザピッチでも紳士として過ごさなくてはいけない。
オフザボール
ボールを持たない状況のこと。オフザボールの動きが相手のディフェンスを崩すために有効に働くことになるため、重要な動きとなる。
オブストラクションobstruction
障害物 妨害物 ボールコントロールしていない選手にスクリーンをかけたり(わざと前に立ってじゃまをする)、ボールを持ったキーパーのボール出しの邪魔をしたりする反則。間接フリーキックが与えられることもある。

か行

カバーリング
主にディフェンスにおけるスペースを消す動きや、パスの出しどころを消す動きのこと。2人3人と動きプレッシャーをかけることで、ボールを奪い返すこともできる。
カンテラ
下部組織のこと。ユースやジュニアユースなどのこと。ちなみに、サテライトはトップチームのサブメンバーにより編成されたチームのため、カンテラとは言わない。
キャプテンシー
ピッチ上やハーフタイムなどチームの中で発揮されるリーダーシップのこと。キャプテンであることとは違う。また、怒ったり褒めたりすることが上手ければキャプテンシーがある、というわけでもないのが難しいところだ。
クロス
アタッキングサードにおけるサイドからペナルティエリア中心方向へのパス。ただ放り込むのでは、パスとは言わない。クロスとは、得点につながる確率の高いパスのことである。
くさび
ポストプレーのときに使う、ポストプレーヤーの足元への速い縦パス またはポストプレーヤーそのものを指す場合もある→くさびのパスを受ける・くさびの役目を果たす、などと使う。
コーチング
コーチといえば指導する、または指導者のこと。日本でコーチといえばヘッドコーチとかフィジカルコーチなど監督の補佐をするスタッフのことを指すが、海外では監督のことをコーチという。コーチングとなると、最近はキーパーやリベロなど後方にいる選手がポジショニングやマーキングなどを声で指示すること、がメインの意味になっている。
コレクティブサッカー
いくつものトライアングルを作りボールを前線に運ぶ、また、2列目、3列目からの飛び出し、フリーランやオーバーラップなど、チーム全員の連動性から得点を生み出す組織的サッカーのこと。

さ行

サード オブ ザ ピッチ
ピッチを3分割にして戦術などを組み立てる考え方。アタッキングサード(攻撃エリア)、ミドルサード(センターサークルを中心とした真ん中のエリア)、ディフェンディングサード(自陣のディフェンスをするエリア)の3つに分けられる。
シールディング
ボールと相手の間に自分の体を入れ、ボールを奪われないようにする技術。あまり腕を後ろに出し敵の動きを封じようとするとファウルとなる場合もある。
スカウティング
斥候、偵察活動の意味。 ラテン語で聞くが語源。自分のチームに「スカウトする」という使われ方がするが、実際は相手チームの戦術や選手の状態をスパイすることが基本的な意味になる。
ストラテジー
戦略。将来的に、目的を達成するための到達目標のこと。同時多発的な戦術を効果的にプロデュースするための組み立て。
スプレッド
広がること ゴールキックを受けるときや、守備から攻撃に移るときにポジションをとるためにピッチに散っていく、またはポジションを確保する動き。
スルーパス
throughには「通り抜けて・貫いて・通過して・通して」などの意味がある。主に、相手ディフェンダーの最終ラインのギャップ(ディフェンダーとディフェンダーとの間のこと)の裏に通すパス。
セカンドトップ
ツートップの一人で、もう一人のFWの周りを動き、ゴールを狙う。スピードを生かしゴールを狙ったり、サイドに開いてボールをキープし、アシスト能力も備えるなど、シャドーストライカー的な動きを行う。セカンドストライカー。
セレクション
選ぶの意味。 入団試験のこと。また、戦力外通告を受けた選手が一同に会し、ゲーム形式で行われるものもある。一般には公開されないが、韓国のKリーグやJFL、地域リーグなどのチームからも注目が高い。

た行

第3の動き
Aの選手がBの選手にパスを出すのと同時に動き出したCの選手が相手陣内に侵入しパスを受ける、など、ディフェンダーに対して有利なパスを受けるための動き。動きながらパスを受けるため、スペースを有効に使い、オフサイドになりにくく、ディフェンダーを置きざりにするなど攻撃性も高い。
ダイアゴナル
斜線 対角線。ダイアゴナル・ランとは、斜めに走ってスペースを作る動き。特に、カウンター時などはディフェンダーをひきつけるために、またディフェンダーよりも早く有利なポジションを確保するために大切な動き。
タクティカル
戦術。戦略の実現のために、具体的に選手の動きや作戦、セットプレーなど実際の動きの設計図。
ディシプリン
チームの共通理解や約束事のこと。監督の意思を反映し、意図あるサッカー(攻撃も守備も)を行うために最も重要な要素のひとつ。
デコイ decoy
元々は、カモ猟などで囮に使われる原寸大の模型の鳥のことをいう。サッカーではディフェンダーを引き付けるための動きのこと。→デコイの役目を果たす、などと使う。

な行

は行

バイタルエリア
攻撃、守備とも最後の攻防を繰り広げるエリア。通常、最終ラインとペナルティエリアの間のスペースのことをさす。
プルバック
サイドから、ゴールライン近くまで切れ込み、入れるクロスのこと。マイナスのボールなどと表現する。ゴールラインに近いほど、オフサイドになりにくい。ちなみに、コーナーキックにはオフサイドはない。

ビルドアップ
後方からパスをつないで行う、攻撃の組み立て。
フォアチェック
ボールを奪われたら前線から積極的にプレッシャーかけ、相手のスペースを無くし、 高い位置(相手ゴールに近い位置)でボールを奪い、攻撃に繋げようとする守備のこと。⇔リトリート
フリーランニング
サイドを駆け上がる、オーバーラップをかけるなどオフザボールにおける重要なラン。相手のディフェンダーをひきつけたり、第3の動きでディフェンダーを混乱させるのが目的。
プリンシプル
原理、原則、主義、根本方針、本質、原動力の意味。サッカーを考える上での基本となるもの。監督が持つ哲学(フィロソフィー)が原理原則となり、戦略を生み、戦術を形成する。
プレッシングサッカー
高い位置(相手のディフェンダーに近い位置)からプレスを掛け、バックラインをコンパトに中盤のスペースを消して、高い位置での攻守の切り替えを早くすることで点を狙うサッカー
ブロックディフェンス
最終ラインとその前の選手を一塊として組織で行うディフェンスのこと。

プルアウェイ
ディフェンダーから消える動き。いったん下がって前に出るとか、横へ動いてオフサイドを避けながら、瞬間的に前に走りこむなどさまざまな動きを言う。これのうまいFWは点を取れる。
ペネトレイト penetrate
突き通る、貫通する、の意味を持つ。ディフェンスライン、ディフェンダーに囲まれた状態などを突破すること。
ボールウオッチング
ディフェンダーがボールばかり見てしまい、相手選手の動きを見失うこと。失点の大きな原因となる。そういうディフェンダーをボールウオッチャーというが、ゴール前ではまま起こること。
ボールポゼッション
ボールの保持。ポゼッションサッカーとはパスの正確性を基本に、ボールの保持率を上げ、しっかりとしたビルドアップからゴールを奪おうとするサッカー。
ホペイロ
用具係。ユニフォームやスパイクの用意など仕事は多岐にわたる。かなりの専門職だといえる。
ポリバレント
多様性。複数のポジションをこなせる能力のこと。少し前までは、ユーティリティープレイヤーなどといっていた。また、ボールを持ったとき数多くの選択肢をもち、さらに選択し実行しうる能力を持つこと。

ま行

マッチアップ
右サイドなら相手の左サイド、ボランチなら相手のトップ下と、システムにおいて相対する選手と勝負すること。
マンマーク
相手選手一人に対して一人がマークにつくこと。ディフェンス時に行い、ディフェンダー以外にミッドフィールダーも行う。⇔ゾーンディフェンス・ブロックディフェンス

や行

ら行

ラージグループ
多くの選手を集め、競争の中からスキルアップを図る手法の基本グループ。
ラインコントロール
ディフェンダーが守りのライン(最終ライン)をコントロールすること。オフサイドトラップをかけたり、コンパクトサッカーを実践するために最終ラインを高く保つ、などその役割は多い。
リトリート retreat
「退却・撤退・後退・避難・隠れ家・避難所」などの意味をもつ言葉。 ボールを奪われたらチーム全員が自陣近くまで下がってディフェンスを開始する守備のこと。⇔フォアチェック

わ行

ワンサイドカット
相手選手を片側に追い込んでいくディフェンス方法。特に、サイドをあがってきたときには有効で、2人ではさむ、追いながら中へ行かせないなどしながら追い込んでいく。